page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
仁に堕ちた日 続きです
帰ってきました。

去年の7月に去年の年明けの仁に堕ちて(でも仁にとってはその半年は怒涛の半年だった訳ですよね~)もうそれからは、坂をころがり落ちるかのように仁にはまっていきました。
姉といえば、特別仁にはまることもなく、ただ興味はあるのでCDやDVDが出ると「買った?」って催促はしてきますが^^;

でも、今回の事があった時、ネットやWEBも見ない姉に電話した時、「仁、どうしたの?」って聞かれて、あーでこーでって半泣きになりながら説明したら、「解ってるよ。仁はそんな子じゃないから」ってWSを鵜呑みしないで理解してくれていて、嬉しかったですけどね。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

かしこさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
私もここまではまった人は初めてで、オーラが凄くてひきつけられたのですが、仁を知れば知る程目が離せなくなっていきましたね。
きっと、今のこの休業は仁にとったら必要な期間で、これからの長い仁の芸能生活のたった半年なんだと思ったら、待てるって思う様になりました。
仁の替わりなんて誰にも出来ませんよね!
an | URL | 2006/11/05/Sun 17:06 [編集]
坂をころがり落ちるように、、、って
わかります。私もそうでしたから・・
本当に、こんな人、世の中にいていいんでしょうか、、、?衝撃すごいよね!
今でもそう思うよ。仁は本当に凄い・・・って
だからかな、もうこんな人、絶対の現われない って。
あきらめきれない。早く帰って欲しい。

でも、仁が素敵な留学生活を送って欲しいという気持ちもあります。
仁が一番望んでた事ですものね・・・

やっぱり、仁は誰にも替われない、唯一無二の存在ですね。
かしこ | URL | 2006/11/05/Sun 16:47 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 仁のフトコロ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。