page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
繋いだ手ほどけないように
『ルールの世界で何か見失いかけても
そんなふうに、そう自分の方から、繋いだ手ほどけないように』

『過ぎてく日々で何か見失いかけた
そんなふうに、そう自分の方から、繋いだ手ほどけないように』

careの歌詞が少し変更されていて、今回の歌詞に込められた仁さんの思いを考えてました。

前は、『過ぎてく日々で何か見失いかけた』のところが、
今回、『ルールの世界で何か見失いかけても』になっていて、この短い言葉の中に、今、仁さんが伝えたいものがあるんでしょうね。

実は、仁さんの休業中にこのcareの歌詞の、『そんなふうに、そう自分の方から、繋いだ手ほどけないように』に、支えられてた部分がありました。
仁さんの方から絶対に手をほどくような事はないって。
今回、そこにかかる歌詞の変更の、『見失いかけても』になった事、仁さんの前向きな思いと逞しさを感じました。

仁さんが前に雑誌で「前向きに諦める」って言っていて、今回の歌詞と何かリンクされてるような感じがしたんですよね。
諦める事はあっても、それだけじゃないよって。

「ても」の部分が若干字余り気味になりながらも、そうしてくれた。

今回アルバムにこのcareを入れてくれた事で、仁さんはこれからも、繋いだ手をしっかりほどかないように進んでくれるんだなって思いました。

ありがとう、仁さん

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© 仁のフトコロ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。