page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
お疲れ様でした
夕方こちらへ帰ってきてボーッとしてまいます。
新幹線乗る時には、帰りたくないって思っちゃって、東京ドームでのあれこれ思い出して終わっちゃったんだなぁって、少し寂しくなったりしました。

東京ドームって広いし、REAL FACEコンで初めてドームに入った時はあまりの広さに仁を見失ってばかりいたけど、回を重ねる度にだんだん東京ドームが広く感じなくなってきたんですよね。仁がKAT-TUNがまるでホームのように6人がドームでの見せ方を熟知していて、圧倒的なパフォーマンスで見せてくれるんですよね。ドームを広く感じさせないKAT-TUNは凄い!!
ドームではスタンド派なので、今回入った席が全てスタンドだったこともあって、毎回全体を見渡せて良かったなぁと思います。ただ、昨日は正直アリーナが羨ましいとは思いましたけどね(^^ゞ
仁にはファンサービスをあまり求めていないというか、素晴らしいパフォーマンスが一番のファンサービスだと思ってるので、今回も充分に素敵な仁に魅せられて満足なんですけど、仁がそうやってファンに近づこうと思えることが嬉しいですよね。そんな事がなくても、WONDER終わりの声に出さない「ありがとうございました」の表情や、最後に帰る時の「家政婦は見た」の小芝居とか、「チャオ」のひとこと、昨日はしっかりお辞儀までして「ありがとうございました」って言ってくれて、それだけでもう大満足なのに、昨日の仁はWアンコールでドームを楽しそうにファンの顔を見るのが嬉しそうに時には立ち止まって、触らせたりもして、ドームを横断していきました。その姿を見てたら羨ましいっていうよりも、なんか感動しちゃったんですよね。仁がそんな心境になったっていう事が嬉しい。(優くんのお兄さんが来てたみたいですけど、その方達はアンコール前には帰られてましたよ。1塁側下を通っていったので、ちゃんとこの目で確認しました(^^ゞ)
中の方達は突然のことで騒然だったみたいですけど、上から見ていたら、通路の間隔が広いってこともあって、仁が優雅に練り歩く姿がもう堪らなくかっこよかった。警備の黒い方達が何人もそんな優雅な仁とは対称的に必死に仁を守ってる姿もあってご苦労様です。他のメンバーも仁のそんな姿に触発されて席の方へ乱入みたいなこともあったようなので、それもドームオーラスの醍醐味ですね^^

最初は13daysドーム公演なんてどうなることだろうとメンバーもファンも思ったと思うけど、仁が本当に楽しんでいるのを感じられて、そして魅せてくれて、もうもう大満足です。
本当に本当にお疲れ様でした!!!!!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© 仁のフトコロ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。