page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
流転の姫君
岩井さんが「BANDAGE」のことをこんな表現をされていて、岩井さんにとって「BANDAGE」の脚本を発掘されてから、映画化されるまで紆余曲折あって、だから尚更、愛着のある作品なんでしょうね。

その「BANDAGE」の完成をご覧になった岩井さんが、
『これを他の人がやったらどうなったんだろう?』とおっしゃってて、この映画を最後まで観させ続けてくれる最大の要因は仁のパーソナリティで、見飽きないと。それは稀有な存在だと。ナツは非常に特別で難しい役で、『彼のほかには演じられる人はいなかったと思う』って話されてるのを読んで、最高の褒め言葉ですよね

出る雑誌読むたびに、「BANDAGE」を見たくなる思いが強くなってきます。
© 仁のフトコロ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。