page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
応援します
『戻ってきたい』
NYでのKAT-TUN会議で仁がそう言った
もう、それだけで充分だと思いました。
それだけで、この半年は無駄じゃなかったって思います。

仁のわがままで、みたいにされているこの状況は納得いかないけれど、
休業に到る本当の経緯みたいなものが公に出来ないのなら、こうするしかなかたのかなって。
仁の近くにいたメンバーが一番解っていると思うし。

これから起こるかもしれない、ちょっとした嫌味みたいなものは想定内だし、一過性のものだから過ぎ去るのを待てばいい

それに今は目の前に仁がいる
半年前とはそこが大違い

だから今出来ること
『喜びの歌』を精一杯応援する
ドームの追加を申し込む

仁がいて応援できることが本当に幸せだとかみ締めています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

奈々ちゃん、こんばんは♪
そうだね、そんなものに振り回されないように、
仁が戻ってきてくれたことだけをかみ締めて、
これからも、ずっと仁にエールを送っていこうね!!





an | URL | 2007/04/22/Sun 21:16 [編集]
うららさん、こんばんじん♪
スポ紙の写真私も見ました。メンバーにかまわれて、嬉しそうな仁の笑顔に涙が出そうになりました。そしてメンバーもホントに嬉しそうで。ホントにここから再スタートなんですよね。
半年前と何にも変わらないのはマスコミの方で、KAT-TUN6人は確実に進化してるんですもんね。心ないマスコミに振り回される事なく、私たちは仁の事を、KAT-TUNの事を手をつないで見守り続けましょうね!!
an | URL | 2007/04/22/Sun 20:37 [編集]
anさんやうららさんの言葉に感動しました。

週刊誌はやっぱりどうしても嫌味みたいなのが
好きみたいですけど,そんなのにいちいち反応してる
私たちじゃないですよね!

飾った言葉で評価を得ても意味なんてないから
ホントの心の中を話してくれた仁とメンバーには
感謝してるし,逆に再出発するのにいい機会だったんじゃないかな。
それが何より嬉しいです^^

これからもみんなで仁にエールを送りましょう♪
奈々 | URL | 2007/04/22/Sun 20:37 [編集]
スポーツ新聞に笑顔の6人がいました。
仁の頭をなでるゆっちとじゅんの、笑っている6人。
それだけでいい、それだけで幸せ♪
仁の休業は受け止められ方がさまざまで批判もたくさん。
亀と聖がありのままの素直な自分達の気持ちを伝えた言葉も、そこだけを悪い方へ伝えるテレビ。(怒)
でも飾ることなく、そのままを伝える彼らに
温かいコメントをくれる人たちもたくさんいる。
しばらくは心ない週刊誌やうわさにまた心を痛めることだろうけど、
私たちは大丈夫!手をつないで応援しようね!


うらら | URL | 2007/04/22/Sun 19:31 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 仁のフトコロ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。